コンペ▶「タイプデザインコンペティション 2016」開催

    株式会社モリサワ[法人会員]

 

今年は株式会社モリサワ(JTA法人会員)主催の「タイプデザインコンペティション 2016」が開催されます。
応募期間は5月1日(日)から7月31日(日)となっており、公式サイトにて応募要項のダウンロード提供が始まっています。あわせて、審査員の皆さんからのメッセージも紹介されていますので、ご覧になってみてはいかがでしょうか。

 

募集部門は、和文部門と欧文部門。「モリサワ賞」の賞金は最高100万円(金賞)、モリサワからの製品化にふさわしい優れた作品に贈られる「明石賞」や、一般からの人気投票を行う「ファン投票」も設けられています。出品料は無料です。

 

こうしたイベントをきっかけに書体作りを始める方も多いと思います。
最近は書体の制作環境も充実してきていますので、初心者の方でもチャレンジしやすくなっています。
また、もし作りかけの作品があれば、ぜひこの機会に応募されてみてはいかがでしょうか。
なお、応募はPDFを提出すればよく、手描きの作品も受け付けているとのことです。

 

日本語書体は、国内だけでなく、その漢字が中国や台湾でも使われることがあると聞きます。
また、国内でもクオリティの高い欧文書体を求める声が高まっています。
世界中の人々の目に触れる書体作りに、この夏取り組まれてはいかがでしょうか。

 

審査員は次の通りです。
[和文部門]鳥海修さん/永原康史さん/原研哉さん/山本太郎さん
[欧文部門]サイラス・ハイスミスさん/サラ・ソスコルンさん/フレッド・スメイヤーズさん/マシュー・カーターさん
[明石賞]森澤典久さん(モリサワ文研株式会社 代表取締役)

 

その他詳しい応募概要は公式サイトをご覧ください。

http://competition.morisawa.co.jp/

 

 

特定非営利活動法人(NPO) 日本タイポグラフィ協会顕彰
第15回 佐藤敬之輔賞受賞者発表

 

日本タイポグラフィ協会は、日本レタリングデザイナー協会を母体として、1964年任意団体として発足しました。
この間、タイポグラフィ活動に終始してきましたが、2001年NPO法人の認証を受け、公益法人として社会活動を一層強めていくことになりました。そして、はじめての記念事業として、佐藤敬之輔賞を設置いたしました。佐藤氏が協会発足時からタイポグラフィに関して多くの革新的な提言、発言、研究発表、デザイン教育等、オールラウンドに及ぶ活躍が、タイポグラフィの基礎に少なからず影響を与えたことは、多くの人々が知るところです。ここに、佐藤氏の溢れる情熱を思いおこし賞名と定め、タイポグラフィの重要性、科学性をアピールするものです。去る2015年11月26日、協会事務局において選考会を開催、5名の選考委員により慎重選考の結果、下記のように決定いたしました。

ここに2016年3月1日をもって正式に、第15回佐藤敬之輔賞を発表いたします。

 

  受賞者
  個人: 橘 左近 様
  企業・団体:株式会社イワタ 様

 

  選考委員: 中垣信夫氏 大崎善治氏 工藤強勝氏 杉崎真之助氏 樋口清孝氏(選考委員長)

  授賞式:2016年4月22日
  会場:東京・六本木「国際文化会館 講堂」 授賞式において、

    賞状を授与、『日本タイポグラフィ年鑑2016』贈呈

  □ 『日本タイポグラフィ年鑑2016』に特集として受賞者の業績内容を掲載

 

日本タイポグラフィ年鑑2016受賞者発表

 

日本タイポグラフィ年鑑2016受賞者が決定いたしましたので発表いたします。 


グランプリ
『CCN賞2015作品募集告知ポスター 』安藤 真理


 学生賞グランプリ
『きらきら りんりん ころころ』澤邊 美駒/名古屋芸術大学


 部門別ベストワーク

●VI ビジュアル・アイデンティティ
『FLOWER LUSH IN ROPPONGI HILLS』高谷 廉
『だいいちフルーツ』松本 幸二
『日刊工業新聞 ビジュアルアイデンティティ』大石 一志
●ロゴタイプ・シンボルマーク
『藤原ピアノ教室 シンボル』石原 利貴
『ネギ愛好会家たちのマーク』小川 航司
『四川城 Sichuan Town』Hong Wei
●タイプフェイス
『きりこ』木龍 歩美
『Sindelar』Stefan Willerstorfer
●グラフィック
『Typography image of a kanji』南部 俊安
『Exhibition “FREAKS by Shin Matsunaga” / Memorial』松永 真
●エディトリアル
『HIROSHI HARA : WALLPAPERS: 空間概念と様相をめぐる〈写経〉の壁紙』大西 隆介
●パッケージ
『島の土』原田 祐馬
●インフォグラフィックス
『南後由和ゼミナール2014年度卒業論文集 明治大学情報コミュニケション学部』中野 豪雄
●環境・ディスプレイ・サイン
『ミッドタウンクリスマス館内デザイン』関本 明子
●オンスクリーン
※該当作品なし
●研究・実験・自主制作
『印刷会社の展覧会 出品ポスター』佐藤 浩二
●学生
『こきりこフォント』青木 理恵/愛知県立芸術大学
『Calla Lily typeface family』吉富 ゆい/武蔵野美術大学
『山口釣り餌店VI』山口 崇多/東京藝術大学

 

審査員
太田徹也 奥村昭夫 片岡朗 工藤強勝 杉崎真之助 高田雄吉 
高橋善丸 高谷廉 田代卓 中川憲造 中野豪雄 永原康史 南部俊安
 
授賞式
2016年4月東京六本木にて開催予定の授賞式において、賞状・『日本タイポグラフィ年鑑2016』を授与予定。
学生賞グランプリには賞状・年鑑に加え副賞100万円贈呈予定

 

日本タイポグラフィ年鑑2016入選通知発送のお知らせ

 

本日、日本タイポグラフィ年鑑2016受賞・入選通知の発送を完了いたしました。

受賞・入選された作品を出品いただいた出品者様には日本タイポグラフィ協会から黄色封筒が近日中に到着いたします。
封筒内には入選通知とともに、入選作品のデータ提出ならびに撮影についての詳細が記載されておりますので、

お早めに開封してください。
なお、年鑑掲載作品のデータ提出・撮影料金入金期限は下記となります。

 

■データ提出期限:2015年12月4日(金)
■撮影料支払期限:2015年12月11日(金)

 

不明点などございましたら何なりと事務局までお問い合わせください。



ページの先頭へ戻る